月別アーカイブ

姫路城に住みたい

天鳳上卓雑魚雀士奮闘記

自戦記23

そろそろ出来れば1エントリの中で2〜3半荘くらいの検討したいと思っているが、なかなか出来ず…(ただでさえ1エントリが長いので躊躇う)

あまりに自分の前には「何切る問題」が多すぎる。上達すれば全体としてはもう少し選択肢が狭まっていくのだろう。大体正しい打牌の分かる局面が多くなるのだから。

 

今回もパン卓から。

f:id:himejijo:20180619081253p:image

この放銃の局面だが、ここも「何切る」状態。自分の手だけなら2萬切りだが、下家に萬子染めの可能性はある。切り順的にはあまりなさそうだけど、渡りを打ったような感じなら普通にあるしそもそもパン卓では手順での読みなどあまり使えない。

またいくらパン卓新人とはいえ、3副露なら8割方聴牌だろう。

 

というわけで2萬は保留しつつ手を進める。萬子のノベタン的な形を考慮し89索がないことから使いにくい&少しだけ下家にロンされにくい7索切りとしたが、放銃となったのだった。

2索はドラ表で少し嫌だった。

 

まだ打点がザンクで助かったけども、外から見ても親は既に3900以上確定で、槓ドラもあることから7700以上の可能性もかなりあると思われる。

ダブ東鳴いていてほぼ聴牌とあらば、下手すれば並みの立直より高打点とみて警戒する必要があるかもしれない。

 

ただ今回親の現物は5筒のみ。ここを切ると手が崩壊してほぼベタオリになってしまう。ホンイツに打つと高いので警戒はするが、それ以外はほぼ分からないので筒子索子はまっすぐ行くしかないかなと思う。それにしても4索を頭とみる2索切りの方がいいのかな。

 

東1局1本場

f:id:himejijo:20180619083245p:image

痛い放銃。自分の手はドラ5の怪物手になったが、ドラを持っていても和了れなきゃ意味がないし、放銃しては更に元も子もなさが強い。

上家の河は索子も生牌字牌も出ており、既に聴牌していてもおかしくない。これが全く余っていない河なら放銃もやむなしとなるところだが、あからさまに高打点聴牌の可能性があるところに2向聴から押したというのはいただけないなあ。

 

もう索子は現物以外切れないか。

染め手は危険牌が絞られるので逆に立直と比べても1牌当たりの危険度は高く、オリの基準もその他の手と違うものを適用する必要がありそう。

 

ただ正直なところ、ここからオリるのはものすごく抵抗がある。切り出さなければならない萬子も筒子もドラ含みターツしかなく、やはり相手がテンパっていないかもという望んではいけない望みを抱いてしまう。

だが索子切らずに聴牌できる可能性もあり、そうなれば勝負するに十分見合うだろう。その道を模索するべきだったと思う。

 

東2局1本場

f:id:himejijo:20180619155131p:image

下家は6筒6索のシャボ待ちでヤミテンに構えており、両面手変わりしたところ対面に放銃した局面。

立直していれば仕掛けを入れている上家や対面を押さえつけられただろうが、流石にこれは手変わり待ちダマが優位か。索子の形が四連形含みでタンヤオや平和手変わりがある。

 

東3

f:id:himejijo:20180619155637p:image

勝負リーチがまたも空振り、見た目の枚数では有利な相手に放銃。苦しい局面が続く。

 

挽回できないまま南2。

f:id:himejijo:20180619160329p:image

ドラ4筒を切ればのみ手聴牌だが、ここは24萬嵌張を外した。これは仕方ないだろう。ダンラスなので、満貫クラスでなければ和了っても殆ど意味がない。ドラくっつきやタンヤオ・平和変化での打点上昇を目指す。

 

f:id:himejijo:20180619160644p:image

結局、下家の黙聴に上家が放銃して局が流れる。リーチしないのかあ。

自分ならリーチしているだろう。打点上昇効率のいい手であるのが1つある。

また、純粋な麻雀戦術からは離れるが新人なのでいくらラスを引いても痛くなく、現状の3着目から着順上昇が少しでも望めるならば目指すのがいいというところもある。

また上家もここは数牌である1筒を残した方が大分受け入れが多いので良いように思う。南は安牌にはなるかもしれないがどうせリーチを受けたら手詰まる手だと思うし、ここまできたら覚悟を決めて聴牌速度MAXの方がよいのではないだろうか。

 

ラス前

f:id:himejijo:20180619161340p:image

が、オーラスとなってしまった。片あがりの親満に放銃してトビ。

自分としては、打点はほしいので自分でドラの南を使いたいが、ターツ候補は揃っているので切った。この局もなるべく和了って次局の親番に全てを賭けるつもりだった。

 

このダマテンはどうなんだろう。自分も気持ちはよく分かる。

役なしで出和了り出来ないのは残り1枚の2索のみで、しかもリーチしてそっちで和了りならトップまくりできるか怪しい。南なら確実にトップをまくれるし、ダマで出てきやすい。逆にリーチして止められると和了りにくい。

これくらいの条件が揃えばダマテンも十分アリな気もする。

 

今回はトビラスとなってしまった。自分はトビラスが結構多く、1割弱もトビラス率がある。トップラス麻雀の表れだなぁ(・_・;

 

とはいえ今回、大したミスがあったというよりツイてなかったから仕方ないかなぁとも思う。ここらへんちゃんと細かいミスも反省する鉄板強者との差が出ちゃってるなあ。

 

今回の牌譜

http://tenhou.net/3/?log=2018053104gm-0009-0000-2f76540d&tw=3