月別アーカイブ

姫路城に住みたい

天鳳上卓雑魚雀士奮闘記

自戦記③

科学する麻雀は大体読んだけど、現麻の方がなかなか進まない。

まあ焦らずじっくり読んでいこう。


前回も書いたが自分は四麻・半荘戦(赤アリ喰いタンアリ祝儀ナシ)が基本なので、これのときは特に明記しないことにする。


今回は上卓としてはなかなかの魔物卓に吸い込まれた。とはいえ、皆R表示なしの4段て…ちょっとアレ。

f:id:himejijo:20180507183333p:plain

自分はパン卓垢で一時期だけR表示が出たことがあった。でも、逆に変に意識してしまいいつも通りの闘牌ができなかった恥ずかしい思い出がある。


f:id:himejijo:20180507183624p:plain

起家、なかなかいい、打点の望める手牌になったが早くも悩ましい。

索子はいわゆる「西ヨーロッパ」形だが、索子では一面子を見込み、なるべくドラの嵌3索を埋めることを目指して打8索とした。


f:id:himejijo:20180507183920p:plain

ダブ東が鳴け、嬉しい赤5筒ツモで懸念の雀頭ができた&親満確定となった。

ここで裏目の7索ツモ。

フリテン含みになるので67索の両面より246索の両嵌を残しそうなところだが、僕は打4索としてドラ受け嵌張を落としていった。

これは微妙だったか。


この4索で下家にチーテンを入れられる。


f:id:himejijo:20180507184436p:plain

巡目が進み、狙い通りの8索引き戻しで索子メンツが完成するも、ドラツモで1メンツミスとなってしまう。

このドラはかなりテンパイしてそうな下家に対して危ないと感じたが、親マン両面テンパイでは余程でないかぎりフルゼンツだ。


結果は無事3萬ツモ和了りで3900∀。

天鳳のオール表記を真似てみたけど、これ正しい表記なのかなあ?


なんと次局の親番は対面のダブリーで幕を開けた。

f:id:himejijo:20180507185222p:plain

自手は役牌対子にドラドラとなかなか良い。悪い配牌なら親でも即ベタオリだけど、これくらいなら安牌もあまりないことだし、結構押し返せると思っ(てしまっ)た。


不退転のポン×2を入れるも、放銃。

f:id:himejijo:20180507185529p:plain

対面の手は両面待ちで、オリても鳴きが入らなければ終盤にツモられていたようだ。

親だしそれなら打ってしまった方が安いまである…とか思ったけどやっぱそんなことはないか。

そんなのツモり四暗刻くらいだわ。


安牌が増えたら鳴かずに撤退した方が流石にマシだった。


f:id:himejijo:20180507190030p:plain

東2、悩ましい八種九牌の配牌。

仕方なく、まさかの国士も睨みつつの萬子ホンイツ本線で手を進めた。


f:id:himejijo:20180507190502p:plain

なかなか有効牌を引けず、終盤に差し掛かるもまだこの3向聴。

途中南や1・3萬をスルーしているのは手バラで手を短くしたくなかったというのが主。


レベルの高い卓ではまだ手バラなところから、あえて染め色を手出しすることでテンパイを装うブラフも効き目があると聞くが、上卓では意味がないと思う。


この手はもうオリ本線だと思っていた。


あれから最終盤になってようやく1向聴に漕ぎ着ける。

f:id:himejijo:20180507191111p:plain

結局下家の喰いタンのみ和了となったが、対局中悩んでいたのはこの手で南、発、中のいずれかが鳴けるなら1枚切れの東をリリースするか、ということ。

なんと残り2枚はいずれも王牌だったが、結構な危険牌なのは間違いないだろう。

親には通るといっても、やはり押さない方がいいのではないかと思う。


f:id:himejijo:20180507191807p:plain

東3、まあまあ整った配牌から1メンツミスるなどしてなかなかテンパれず、対面の親がカンを入れて気になるところ、やっとテンパイ。


対面は早い段階でカンを入れたが、まだ張っていないと見て抑止込みでリーチ。

ドラドラでヤミテンでも3900だが、それが7700以上になるのは大きい。終盤でも曲げだろう。


結局、下家との2人テンパイで流局。

下家は白バックのテンパイから、実はまだ全然手バラな親を警戒したらしく中盤に一回テンパイを崩していた。

なのに自分のリーチにはかなり危険牌を通して形式テンパイを取りきった。

流石に見合わないのでは?


自分も時々染め手を警戒しすぎてしまうことがあるので、他家の手の進行を正しく見極めたいものだ。


南2、上のケースとは逆に、とても早いホンイツに上家が振り込み。

f:id:himejijo:20180507193810p:plain

自分は対面との和了り競争で、早く仕掛けテンパイしていたが、対面のホンイツテンパイには完全に警戒を怠っていた。ただの喰いタンかなんかと思っていた。


ここまで早いのはレアケースだろうが、うっかり振り込んだりしてはもったいないことが多々あるので、早いうちから注意しておかなくてはと思った。


f:id:himejijo:20180507194829p:plain

南3、自風がドラだがあいにく重ねることができない。

点棒状況的にはトップ狙いより確実に2着を取ることを重視したいところか。

そうなれば鳴いて早和了り狙いも十分考えられる。むしろそっちが普通かも。

しかし、実戦では最高打点が狙えそうな対子手、又はタンピン(一盃口)を狙い、ここで手なりをやめて9筒切り。


f:id:himejijo:20180507214633p:plain

巡目が進み、未だに喰いタン七対子も見切らない中途半端な進行に。

8筒や4筒をポンする手もあった。

4萬を切った時点でメンツ手はほぼないのだから、3筒切りで七対子の受け入れ最大に取った方がマシか。

この西はもったいない気がする。


f:id:himejijo:20180507215047p:plain

その後、ダンラス目の上家のリーチの直後こちらもタンヤオチートイ赤1でテンパイ。

和了牌は少ないが、文句なしの逆転手で勝負どころと見、4萬切りが迷彩にもなって上家の現物3萬は出やすいと考えて追っかけを打った。

萬子の下は安そうで山にもいるかもしれないと思った。


実際には誰も3萬を持っていなかった。

それどころか、上家も自分も和了牌が王牌に沈んでいる感じ。

ところが、上家が暗槓をしたことで僕の和了り牌が王牌から引っ張り出された!


f:id:himejijo:20180507215721p:plain

上家を飛ばして終局、リー棒を奪ってきっちりトップ捲りとなった。

圧倒的…僥倖…!



今回の結果はバカヅキだったが、やはり上卓のポイント配分的にもトップは本当に美味しい。

パン卓ではトップ30の2着15なのに対して、上卓ではトップ60の2着15だ。

特上や鳳凰卓でもトップと2着の差は45ポイントと同じだが、トップが2着の4倍もポイントをもらえるのは上卓だけだ。


上卓民がよく押し返してくるのはこのようなポイント配分のせいでもあるのかなと思った。


このトップで守備垢(只管聴牌して流局)は初段に昇段!