月別アーカイブ

姫路城に住みたい

天鳳特上雑魚雀士奮闘記

このブログについて

こんにちは。himejijo(姫路城)と申します。 このブログは、現在四段という高い(笑)雀力を持つ天鳳雀士が奮闘するさまを綴るブログです。 麻雀を始めて1年ちょい、やっと特上卓に上がれたもののトップは取れないし苦戦中です。今のところはなんとか特上で生き…

自戦記42 特上卓へ

最近また更新してなかった。これから前のような毎日に近いような更新頻度では多分更新しないと思う(と書いておくことで逆に更新頻度が増えるというオカルトw)。 前回エントリをあげたときは4段になったのにRが足りず特上で打てない…と書いたが、先週くらいか…

自戦記41

パン卓から 牌譜 http://tenhou.net/3/?log=2018062002gm-0089-0000-13c9b206&tw=3 東1 一発で放銃…しかも裏裏で跳満に(泣) 現物がないので、とりあえず端牌を打ってチートイ1向聴を維持してしまった。チートイの向聴からは基本的に押せないので、ベタオリを…

自戦記40 昇段報告

長きにわたった三段坂での停滞も、遂に突破口が開いた。 ここ数日はptがたまって昇段が近くなって来たので、ブログも書かずに天鳳を全力で打っていた。 特に昨日は、twitterをご覧になっている方はご存知だろうが昇段にリーチがかかってからグダりながらも頑…

自戦記39 仕掛けの是非

前回フラグ的に毎日続けていけている的なことを書いてしまったせいか、また少し間が空いてしまった…。自分で自分の検討をして分かることもあるけども、自分には考えても分からないことも多く、日々難しさを感じさせられる。やっぱり他の誰かに牌譜検討しても…

自戦記38 ヌルヌル

最近ブログの更新が朝になってしまっている。どうも更新意欲が停滞気味なのもあり、夜のうちに書き切る気力に欠ける。 でも、大体毎日更新できているのは自分で自分を評価したいと思う。もう少し内容も充実させていきたいところだが。 そのためにも、ちゃん…

自戦記37 果敢に曲げろ!

今回は本垢の上卓戦。 東発 巡目が早いので愚形リーのみを打った。でも正直、ドラの中を固められて反撃にあったらと思うと怖かった。ドラが役牌だと全体的に慎重に打たなくてはならない気がする。 結果は対面から出て裏裏でラッキーな5200となった。こうして…

秋刀魚は難しい⑥

まだ三麻をやっていく。 三般戦 東3 ドラの発をポンして早々と跳満テンパイを入れたが、上家からもリーチ。 これに対して何を思ったか無筋6索を切り出して嵌7索テンパイを崩し、ホンイツへ向かってしまう。次巡に7索を引いて悶絶。 結果、索子1メンツ落とし…

秋刀魚は難しい⑤ 染め手の基準は?

三般戦 三麻とはいえさすがに染めたいと思ったが、三麻ではチーが出来ず遅いので、こらえて手なりで進める。 とはいえ索子が寄ってきたら、筒子を落としての染め手移行も常に視野に入れてはいた。 本譜は染めないうちにテンパイしたのでそのままリーチに行っ…

自戦記36

今回は本垢で上卓戦。 東1 早々に役なしドラ1の両面聴牌をしたので曲げたら、ドラ3の辺張に追っかけられ、競り負けて満貫放銃…。残念無念。 でももちろんこれからも曲げ続けます。 勝負はまだまだこれからだ!と臨んだ次局。 今度は早い二軒立直に挟まれ絶体…

秋刀魚は難しい④

今日も三麻の反省。 三般 東1 普段なら染めに全力ダッシュしたくなるがそれで良いのか?と迷った結果、とりあえず南を切った。どうなんだろう。 この局はすぐに上家から立直が入り撤退。 東1局2本場 ホンイツ一向聴で、まだ押したくなってしまうが、対面に槓…

秋刀魚は難しい③

すごく久しぶりに秋刀魚(三人麻雀)をやった。前回やったときはこのブログは本格的には始めたばかりでテキトーに「秋刀魚は難しい」ってタイトルをつけたのだが、いっそのことこれをシリーズ化してしまおうと思う。というわけで「秋刀魚は難しい」第3弾。 さ…

自戦記35 目先の受けか変化か?

パン卓戦 東1 いきなり愚痴になってしまうが… 対面、このガチャ鳴きから… 自分が立直をかけたときにはドラ2丁引いてこの聴牌となり… しまいには自分の跳満放銃エンド…。 これヒドイ。対面の強運に敬意を表することしかできない。 と思うけど、やっぱりヒドイ…

自戦記34

パン卓垢での一戦。 東2 辺張を外しにいったところ、残念な裏目で聴牌逃し。普通に進めて両面立直が打てていたはず。 やっぱりこの巡目で辺張を外しちゃダメだねぇー。789筒以外に有力なメンツ候補もないし、無理に仕掛けられる形にしなくてもよかった。 結…

自戦記33 検討の成果を生かす

パン卓戦 東1 はい、初っ端からダメですね〜場況が全く見えてない。 普段なら468の両嵌からは打4のモロヒリーチが和了率で勝るが、7が2枚見えなら流石に嵌5に受けた方がマシ。 何枚見えってのは場況読みの最初歩だと思うので、それくらいはちゃんとしなくて…

自戦記32 染める?

一ヶ月の間にはてブロに上げられるファイルの量には限りがあることをついさっき知った。。。今までは気にせず画像をどんどん上げてきたが、6月分もそれなりのところまで容量を使ってしまっていたから、これからはちょっと厳選する必要があるかもしれない。 …

自戦記31

今回は攻撃垢から。攻撃垢というのは前にも書いたように、普段より周りの立直・副露といった攻撃に鈍感に、自分の手にまっすぐ進める打ち方を試すアカウントのこと。 色々な打ち方を試す意味で、通常の垢の他に攻撃垢と守備垢というのでも時々打っている。た…

自戦記30 大物手の大安売り

今回は(今回も)いつ作ったかも分からんような、普段使わない垢で打った半荘を振り返る。 般南←逆に聞き慣れない…? 東1 !? これがパン卓の闇か…6巡目のツモり四暗刻とは。 上家ももうテンパってるし…笑 自分が下家の立場だったら曲げてるだろうな。ダマ満…

自戦記29 ラスを引いた後は…

たった今、本垢でラスを引いてきた。ラスを引いた後は、その半荘の後悔や疲れを次に引きずらないように一旦天鳳から離れることが多い。そのようなときは精神的に不安定になっていると感じるので、アツ続行してもいいことがないだろう。 昔はアツ続行してしま…

自戦記28

最近見るからにブログ更新頻度が増している、と思う。1日2更新の日も出てきた。 その分、1エントリの長さは以前の半分か1/3くらいの短さになっている気がする。 こう書くと以前のようにちゃんと振り返ることをサボって、テキトーに書いた感想のようなモノを…

自戦記27

今回は本垢で上卓戦。 東1 親番。1向聴だが、辺張を外して向聴戻しとした。 巡目も早く、2萬と4索の強浮き牌へのくっつきで良形変化やタンヤオ変化をみた。89萬が残ってもリーのみになりやすく、2萬にドラがくっつくとタンピン三色まで狙えるので打点差が大…

自戦記26 二本立て

自分は麻雀覚えて早い段階からネット上の戦術サイトを読んで現代的な麻雀セオリーを学んできたが、学ぶまで両嵌(リャンカン)にすら気づかなかった覚えがある。嵌張待ちは知っていたが、それの複合形を認識したことがなかったので、「3枚1組ながらも2種の受け…

自戦記25 対染め手押し引き

今回もパン卓垢から。 上卓民のクセにサブ垢をたくさん持っているせいでパン卓で打つ機会が多く、最近このブログでもパン卓戦が多い。 パン卓戦は「自分が変なことしてるのに、周りも変なことしてるから結局勝てちゃいました〜w」みたいなのも多くて、麻雀の…

自戦記24 難しい手組

今回もパン卓垢から。早速いってみよう。 東1局1本場 オタ風の西はスルーした。オタ風から鳴くと安く守備力が低くなりやすいし、字牌重なりなどが大きくツモをみたいと思ったからだ。 ただ2枚目は鳴いておいた方がよかったかなと思う。1枚目から鳴いた方がい…

自戦記23

そろそろ出来れば1エントリの中で2〜3半荘くらいの検討したいと思っているが、なかなか出来ず…(ただでさえ1エントリが長いので躊躇う) あまりに自分の前には「何切る問題」が多すぎる。上達すれば全体としてはもう少し選択肢が狭まっていくのだろう。大体正…

自戦記22

ブログ更新進まね〜 というのは忙しいからとかではなく、このスタイルでブログ記事を延々と量産することに意味があるのか疑問が生じてきたのが大きい。 ブログというのはまず人に読んでもらい楽しませたり有益な情報を伝えたりするのが役目だと思うのだけど…

自戦記21 ブラフ王

自分は麻雀覚えてから割と早い段階にアカギを読んで、「アカギ、渾身のブラフっ…!!」みたいなのを読んで育ったので、まだ基本的な技術も不完全なのにブラフにやけに注力してたことがあった。 麻雀本格的に打ち出して分かるのは、ブラフってレベルの高い相…

自戦記20 流れが来てやがる!

麻雀ブログ好きでよく読むんだけど、世の中の麻雀ブログは強い人のばっかりだなあ。こちとら天鳳3段・上卓風情なので悲しくなりますよ。 でもだからこそ、弱者が書くというところにこのブログにも存在意義があるのではないだろうか? 世の中の強い人同士が、…

自戦記19 対子場

はてなでブログやってるので他の人のハテブロもよく読むんだけど、やっぱりネタに困ってる人は多いみたいだな。日常で感じたこととか書いてる人は特にネタを切らさないのが大変そう。専門に詳しいことがある人はまだマシそうではある。 麻雀ブログなら数打て…

自戦記18 残酷すぎワロタww

ここ数記事は題名が自戦記+番号だけではなく、サブタイのようなものを入れてみている。 でもそれはただ思いついたから入れているだけなので、それがあるときは特に見どころがある、というわけでもない。 駄文長文多いブログながらも、自分としては無印の記事…